江東区の不動産登記、相続登記、会社設立登記、その他登記のご相談はスミレ司法書士事務所へ

不動産売買による登記

不動産を売ったり買ったりした時には、所有権移転の登記をします。
一般的には不動産の名義変更、と言ったりする手続きのことです。
所有権移転の登記自体は義務ではありませんが、権利を守るために、速やかに登記手続きを行いましょう。所有権移転の登記は、売主と買主が共同してする必要があり、通常、登記にかかる費用は買主が負担します。

 

また、不動産の購入に際して、銀行等のローンを利用した場合には、所有権移転の登記と同時に、抵当権設定の登記も必要です。

 

ローン等を利用する場合、ご自身で登記手続きをしていただくことはできません(銀行が
認めてくれません)ので、登記の専門家である司法書士にご依頼ください。

 

 売買による登記の費用

登記の内容

登録免許税

報酬(消費税別)

所有権移転

(土地)

(住宅用家屋)

※適用要件有り

(上記以外)

評価額×1.5%

 

評価額×0.3%

 

評価額×2%

50,000円〜

 

抵当権設定

 

(住宅用家屋

 

※適用要件有り

 

(上記以外)

債権額×0.1%

 

債権額×0.4%

30,000円〜

登記の立会料

15,000円〜

※登録免許税は、登記の際必ずかかる税金です。
※上記以外に、登記事項証明書等の書類取得費用実費がかかります。(通常2〜3,000円程度)
※売買当日の立会が必要な場合には、登記の立会料をいただいております。

 

詳しい報酬表はこちら

手続きの流れ

 




 

 必要書類
 
 売主
  登記済権利証(登記識別情報)
  固定資産税評価証明書
    ※仲介業者が用意してくれることが多い
  印鑑証明書(3ヶ月以内)
  実印
  本人確認資料(免許証、住基カード等)
 
 (住所変更登記が必要な場合)
  住民票、戸籍の附票等
    
 買主
  住民票
  印鑑証明書(3ヶ月以内)
  実印
  本人確認資料(免許証、住基カード等)


※上記はあくまでも一般的な例です。このほかにも書類が必要になるケースがあります。